動物病院 ブログ

~意外な犯人!~

今日は「瞬膜」についてです。

今日は「目」についてです。

眼科診療を行っていると、「目薬していても充血がおさまらない」と、なかなか治療に反応しない子に出会うこともあります。
 

~外歯瘻って?~

「ほっぺたに穴が開いている!!!」

なんてことが突然起こるかもしれません。

外歯瘻(がいしろう)とは、歯の感染や炎症により形成された膿瘍(うみ)が、瘻孔(ろうこう:トンネルのようなもの)を形成して膿汁を排出するものを歯瘻といいます。
 

~ハムスターの心臓病~

小さなハムスターも心臓の病気にかかります!

「えっ?ハムスターも心臓病になるの?」と思われる方も少なくありません。小さな動物であっても、もちろん心臓はありますし、心臓の病気になります。
 

~食物アレルギー~

食物アレルギーとの上手な付き合い方

今日は皮膚の病気、その中でも「食物アレルギー」について少しお話します。
 

~黄疸って?~

黄疸は肝臓の病気だけじゃない??

「黄疸」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。
今回はその「黄疸」について少しお話しします。
 

~まさか!?こんな物で??~

意外と身近にある危険。。。

先日、夜間に1本の電話がかかってきました。
 
「うちのワンちゃんが、呼吸できずに、苦しそうにもがいています」
 
詳しくお話をうかがうと、つい先ほどまで元気にしており、ごはんやおやつもモリモリ食べていたそうです。
 
さて、何が起こっていたのでしょうか?

 

~熱中症に注意~

まだまだ注意が必要です!

8月も終わり、徐々に涼しくなる季節ですね。
真夏も過ぎたから、、、と油断しやすいこれからの時期。
実はこういう時期だからこそ「熱中症」に気をつけましょう。

 

~ウサギの不正咬合~

不正咬合???

ここ最近のペットとしてのうさぎさんの人気はすごく高まっていますね。うさぎ専門店やうさぎの専門誌なども増えています。診療を行っていても、うさぎの来院数は増えているように感じます。
 
 うさぎが来院する理由で1番多いのは消化器症状です。それでは、2番目に多い病気って何かわかりますか?

 

~胸水と肺水腫~

胸水?肺水腫?

胸水や肺水腫という言葉を聞いたことはありますか。
なんとなく、胸や肺に水が溜まっていることはわかるけど…という人も多いと思います。

 

~ペットと災害~

動物を連れて今すぐ避難できますか?

今年は年始から新型コロナウイルス感染症や豪雨災害の影響で
感染症や緊急時への認識が見直されてきましたね。

 

~白内障って人だけ?~

「白内障」って、どんな病気?

 白内障は人間だけの病気ではなく、わんちゃん・ねこちゃんはもちろん、ウサギやデグー、フェレット、鳥まで発生する目の病気です。また、動物が変われば、白内障になる原因も異なります。
 
今回は様々な動物の白内障、特に原因について少しだけご紹介しますね。

 

~心タンポナーデ??~

突然ですが、「心タンポナーデ」という病気を知っていますか?

 夜間診療を行っていると、「急に倒れた」「急に立てなくなった」「ふらふらする」と来院される方も多いです。もちろん、同じような症状の病気はたくさんあります。その中でも、検査を実施すると、この「心タンポナーデ」という病気がみつかることがあります。
 

~目が赤い!!!~

目が赤いのは結膜炎???

 どうぶつ眼科センターでの眼科診療やご予約の際に、ご家族から「目が赤い」とよく聞きます。確かに「目が赤い」は多くの眼科疾患や全身の病気で認められる症状の一つで、とても重要な症状のひとつです。
 

~ハリネズミのふらつき症候群~

ハリネズミのふらつき症候群を知っていますか?

 ハリネズミのふらつき症候群(Wobbly Hedgehog Syndrome:WHS)はハリネズミ特有の病気で、徐々に進行するふらつきや麻痺が特徴です。
 

~フェレットも予防しよう~

今回は、フェレットの「予防」についてお話しします。

 ワンちゃんネコちゃんに関しては、ワクチンやフィラリア予防、ノミ・マダニの予防など、毎年・毎月している方は多いです。実はフェレットも、ワンちゃんネコちゃんと同様に、いくつかの病気に対して「予防」することができます。
 

~ハリネズミの子宮の病気~

さて、今日はハリネズミの病気、特に「子宮の病気」について少しお話します。

 ウサギの女の子に子宮の病気が多いのはだいぶ知られてきましたが、ハリネズミの女の子にもウサギと同様に子宮の病気が多いです。
 

~幹細胞療法~

幹細胞ってなんだろう?

最近、ニュースや新聞で時々耳にする再生医療や幹細胞という言葉。。。。
ピンとこない方も多いと思います。
今日はその「幹細胞」を用いた「再生医療」について少しお話しします。

 

~お水の与え方~

今回はお水の与え方をお伝えします。

さて、「うちの子はお水をあまり飲まないみたい・・・」
という方も、意外といらっしゃるんではないでしょうか。

 

~コラーゲンのお話~

もしかしたら、皮膚の「栄養」が不足しているかもしれません。

アトピー性皮膚炎や食物アレルギー、ホルモン性皮膚疾患など、様々な皮膚病でかゆみや脱毛などが認められます。もちろん、その原因に対してしっかりと治療することは大切ですが、ダメージを受けた皮膚の回復するためにサポートすることも大切です。
 

~どれくらい水飲んでますか?~

突然ですが、みなさんは日々、栄養のある食事を摂れていますか?

忙しい毎日、バランスの良い食事ってなかなか難しいですよね(>_<)

では、おうちにいる動物たちはどうでしょうか。
バランスの良い、栄養のあるごはんを与えられていますか?
 

~うんちのチェックポイント~

毎日「うんち」の様子をチェックしてますか?

 前回、おうちでうんちを確認する際に、色・量・硬さ・回数・におい・形・表面の状態をチェックしましょうとお話ししました。「この色は大丈夫?」「硬すぎるかな?」など、様々な疑問があると思いますので、わんちゃん・ねこちゃんを例に、少し具体的に書いてみよと思います。
 

~犬糸状虫症 (フィラリア症)~

そろそろ「検査」をする時期になりました。

 春になるのを待ちわびているのは、人だけでなく虫たちも同じです。ワンちゃんやネコちゃんたちに寄生するダニやノミ、そして蚊たちも暖かくなるのを待っています。

そこで今回は犬糸状虫症について少しお話しします