腹腔鏡 避妊手術

腹腔鏡手術

腹腔鏡による避妊手術や生検を実施しております。

 腹腔鏡手術は、直径5~10 mmの内視鏡をお腹の中に挿入し、テレビモニター上に映し出された映像を見ながら行う手術です。 一般的な開腹手術に比べて、傷が小さく、手術後の痛みも少ないのが特徴です。そのため、術後の回復が早く、入院や通院期間の短縮が最大の利点です。
 

避妊手術 傷が小さい

低侵襲

腹腔鏡手術??

骨折 ヘルニア 手術

 腹腔鏡の腹腔とは、おなかの中ことを意味します。 この腹腔内に内視鏡カメラ(硬性鏡)を入れて、モニターに映し出される映像を見ながら行う手術を腹腔鏡手術と言います。当院では、避妊手術や潜在精巣(停留睾丸)、生検などに力を入れています。

 

 腹腔鏡手術では、従来の開腹手術と比較し、傷が小さく痛みも最小限であるため、動物への負担が少なく、優しい手術です。

 
 腹腔鏡手術は万能ではありません。状況や疾患によっては、開腹手術の方が適している場合もあります。開腹手術と腹腔鏡手術、それぞれの特長を理解し、ご家族のワンちゃん、ネコちゃんに適した手術方法を選びましょう。


 ご質問や詳しいご説明など、分からないことがありましたら、まずは当院までご相談ください。

避妊手術 避妊手術
動物病院 予約

当院は完全予約制です。まずはお電話でご相談くださいますよう、お願いいたします。夕方、土日、祝祭日は混雑が予想されますので、お早めに連絡いただけますようお願いいたします。

動物病院 電話番号動物病院 電話番号
動物病院 web予約動物病院 web予約